日本にいるからできる! 新大久保と池袋で中国語聖書とマンガ小冊子を配布

1,313冊の中国語聖書とマンガ小冊子を中国人へ

街で中国語聖書を配布しました

海外の旅行雑誌では東京の中華街として池袋が紹介されています。池袋駅北口周辺には中華料理店、食品用品店などが多数あります。

昨年12月22日(金)、23日(土)に新大久保と池袋で中国語聖書の配布を行いました。これまでにも伝道集会やカンファレンスで配布したことはありましたが、外に出ての本格的な配布は今回が初めてです。
日本にいる外国人のなかで中国人は最も多く、宗教の自由が約束されている日本なら規制を受けることなく自由に聖書が配布できるため、日本国内で中国語の聖書や福音文書を配布しようと計画しました。

支え合い、励まし合っていきたい

新大久保で配布準備をし、 駅前で配布しました。

今回は日本華人クリスチャンセンターにご協力いただき、都内の中華系教会から延べ44名、新生宣教団スタッフを含む日本人ボランティア4名が参加し、二日間で聖書とマンガ小冊子を1313セット配布しました。中にはいぶかし気に受け取る人もいましたが、「私もクリスチャンです」という方もおられ、励ましをいただきました。故郷を離れて必死に日本で生活している彼らに希望のメッセージを届けられました。2018年も引き続き中国のみならず、この日本でもみことばを届けていきたいと願っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

記事カテゴリ…Articles Category

ピックアップ記事…Pick up Articles

  1. 2017-9-21

    御教会の「教会案内」を作りませんか?

スポンサー

ページ上部へ戻る