北朝鮮宣教の次のステージとは?

北朝鮮伝道への新たな取り組み

2017年1月に、北朝鮮伝道の新たな取り組みとしてKRINカンファレンスが開催されました。これは、韓国宣教団体コーナーストーン宣教会の代表者、李イサク師が主宰となり全世界のクリスチャンへ呼びかけている働きです。北朝鮮伝道を具体的に考える時、新たなステージへ向かう必要が示され働きを開始、そして、特に隣国である日本の役割がとても重要であると述べ、日本の教会、団体の協力への期待が語られました。

カンファレンスと同時にKRIN日本委員会も設立され、サーバントリーダシップチームとして、新生宣教団をはじめオペレーションセイフのジョナサン・ウイルソン師、アジアアウトリーチの吉田隆師、他有志牧師など、アジア宣教や難民支援に重荷のある団体、教会などが中心となり、日本国内での情報発信やカンファレンス開催を計画していきます。新生宣教団では、アジアプロジェクトの一環として、北朝鮮をはじめさらなる東アジアへの宣教を進めていきます。

カウントダウンは始まっています。

北朝鮮による核兵器やミサイルの開発、高官の亡命、朝鮮労働党委員長の異母兄の殺害事件など北朝鮮に対する平和や安全への懸念が国際社会に広がっています。現在のような体制不安が続くと北朝鮮が近い将来、急変事態に陥ることも考えられます。また、このような事態に対し日本や周辺諸国の備えが十分とは言えません。

KRINは北朝鮮の急変事態に備えるためのネットワークです。

専門家たちは北朝鮮政権が混乱状態に陥った場合、出国する難民は250万~400万人に達すると予測しています。また、日本政府は朝鮮半島の有事の際、北朝鮮から10万~15万人規模の難民が日本に上陸する可能性があると予測しています。韓国、高麗大学のユ・ホヨル教授は「大量脱北に備え、生活必需品、難民収容所、物資調達網、非常連絡網などの統一=インフラストラクチャーの構築を急がねばならない」と助言しています。

そこでKRIN日本委員会は各メンバーに関連する分野のネットワークを利用しながら共同作業のための枠組みを提供します。さらに国境を越え、韓国をはじめ各国のKRINとのネットワーク作りを行う考えです。新生宣教団は主に難民伝道やミニストリーのサポートに携わります。

平和の実現には物質的、政治的な側面だけでなく、キリストの愛による急速な関係の回復も必要です。KRINの目的は北朝鮮に福音を伝えることです。難民に肉的な必要を提供するだけでなく、霊的な必要も共に与えることがこの働きの目的です。そこでKRINでは以下の10項目について各教会への準備を呼びかけています。

日本の教会は以下の準備をしてください。

  1. 難民伝道
  2. 情報網の構築
  3. 祈り
  4. 財政支援
  5. ミニストリーの人員集め
  6. 人材サポート
  7. 医療サポート
  8. 生活必需品
  9. 食料品
  10. 服・寝具など

この働きのために多くの教会が立ち上がり、北朝鮮をあわれまれる神様の心に応答する働き人となってほしいと願っています。

KRINについては専用HPでも情報を発信しています。

https://krinjapan.wordpress.com/

 ※Korea Reconciliation Initiative Network(韓国和解率先ネットワーク)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

記事カテゴリ…Articles Category

ピックアップ記事…Pick up Articles

  1. 2017-5-10

    ペルシャ語の「マンガ メサイア」 ――トルコへ発送!

ページ上部へ戻る