マンガプロジェクト

MANGA Project

mangaim-1

福音の感動をダイレクトに伝える、
それがマンガ聖書です。

思いがけないほどの影響力

マンガは世界が認める日本の文化です。私たちはその影響力と訴求力に注目し、2006年に1巻目のメサイアを完成させ、その後新旧約聖書を全5巻にまとめました。

これらのマンガ聖書は私たちの思いをはるかに超える反響を呼び、今では新約第1巻目のマンガ・メサイアは27の言語(製作中を含め33言語)に翻訳され、なお世界各国で広がり続けています。

マンガだからすりぬけられる道がある

manga-child

キリスト教が禁止され、聖書を届けることのできない国々にもマンガ聖書は「マンガ」という書籍として入っていき、福音を届けています。
インドや中東などのキリスト教迫害国で用いられる言語の翻訳や制作も進行中です。
紛争地や災害地において、また、若者や非識字者にもマンガ聖書は視覚をとおしてダイレクトに人々の心に訴えかけます。

新たなチャレンジ――傷ついた人々に届けたい

MangaProj04

2008年から、私たちはマンガプロジェクトの一貫として、「マンガプロジェクトウガンダ」という新たなチャレンジを開始しました。

ウガンダの 21年間続いた内戦は、人々の心を荒廃させました。自分の目の前で家族が虐殺されるのを目撃した子ども達、また、自分の家族を殺さなければ自分が殺されるという恐怖を抱えながら加害者となった子どもがいます。彼らの心には、生涯消えることのない激しい苦悩と償いきれない後悔が残っています。
2008年に新生宣教団は、ウガンダの子どもたちのために、ウガンダ政府公認のもと80万冊のマンガ聖書を公立小学校へ送りました。
その後もマンガ聖書の要請があったため、マンガ聖書を64ページに短くまとめた伝道用小冊子を制作し、100万冊を送ることにしました。この伝道用小冊子は2010年に第1期、2012年に第2期、2014年に第3期として、それぞれ20万冊がウガンダへ向けて送り出され、現地で配布されています。
現在(2015年3月)第4期の印刷に向けて、このプロジェクトをサポートして下さる「ウガンダサポーター」を募集しています。
神様から与えられたすばらしいチャンスを分かち合いませんか。

マンガプロジェクトウガンダについて、くわしくはこちら

マンガプロジェクトの関連記事を読む

スポンサー

ページ上部へ戻る