ホープ・フォーリビング・フィリピン感謝の声

2014年に行われたホープ・フォー・リビング・フィリピン プロジェクトを、祈りと献金をもってご支援くださりありがとうございました。

このプロジェクトで行われた「教会子どもプログラム」に、実際にどんな子どもたちが参加したのかご紹介します。

Arabelle

彼女の名前はアラベレ・バタホイちゃん、10歳です。教会のそばの不法定住地域に住んでいます。彼女は7人兄弟の、上から2番目で、姉のミシェルとともにほとんどの時間を弟妹の子守に費やしています。彼女のお母さんは最近新たな子を産みました。一番下の子以外、全員が教会子どもプログラムに参加しました。

アラベルちゃんの家

アラベレちゃんの家と家族

アラベレちゃんは学校教育を受けるべき年齢ですが、定期的に通うことができていません。しかし、毎週日曜の教会学校には朝から出席していました。
教会子どもプログラムを始めてからは、午後も教会で過ごすようになり学びの時間を楽しみにしています。


ネルウェンくんまたプロジェクトに参加したネルウェンくんからは、このような感謝の声が届きました。

僕はとってもハッピーです。なぜならマンガテキストでイエス様のことを勉強できたからです。ぼくはこんなマンガをいつか欲しいと思っていましたが買えませんでした。こうして教会で「ザ・メサイア」をもらえてとても、とてもうれしいです。本当にありがとうございました。

以下は実際の子ども教会プログラムの様子です。(クリックすると大きくなります)


皆様の尊いご支援を感謝いたします。

ホープ・フォー・リビング・プロジェクトについて くわしくはこちら

関連記事

記事カテゴリ…Articles Category

ピックアップ記事…Pick up Articles

  1. 2018-8-9

    クリスマス集会応援3点セット、お申込受付開始!

スポンサー

ページ上部へ戻る