Make Him Known! キリストを知らせよう!

この世界で、まだ福音を聞いたことのない人の3分の1がインドに集中しています。

インド人の74%がヒンズー教徒、14%がイスラム教徒です。インド人のなかで推定4億人はイエス様の名前をまだ聞いたことがありません。

私たちにはすべての人にイエス様の福音を届ける使命がありますが、インドには福音を聞く機会が与えられていない人がまだ4億人もいるのです!

今回、協力団体ミッション・インディアによって、約55万冊のマンガ聖書がさまざまな人たちに配布されます。

【子どもの聖書クラブ】

ゲーム、歌、祈りをとおしてイエス様を子どもに紹介します。家に帰り、学んだことを分かち合うと両親は興味をそそられ、 家族全員がキリストを知るようになります。
レッスンは年齢別に5クラスあり対応可能な言語は20以上です。 どのような子どもでも参加できます。

人生で初めて、受け入れられ、本当に愛されたと感じました。 なぜ神様がそこまで愛してくれるのかわかりませんが従うことにしました。

●子どもの聖書クラブでは『マンガ メサイア』26万冊を必要としています●

【成人向け識字教室】

52週のプログラムを終えた識字教室の卒業生は以前とは全く異なる人生を歩みます。小学5年生レベルの読解、筆記、数学に加え、お金を節約し収入を増やすための知識を身に付けることができ、健康的な食事、衛生、さらに性差別といった社会悪についても学びます。また彼らは福音がもたらす希望によってさまざまな限界から解放されていきます。

目があっても盲人のように生きていました。

●成人向け識字教室では『マンガ メサイア』12万冊を学習者と家族に届けます●

【教会開拓トレーニング】

インド人によってインド人のために開発されたプログラム。インド人が直面する身体的、感情的、社会的課題の中で効果的に働くよう設計されています。各教会開拓者の目標は成長し続ける堅固な信仰によるコミュニティを確立することです。

神様は教会の開拓者をとおして私を救ってくださいました。避難所を用意し、私のために祈ってくれました。

●教会開拓トレーニングでは『マンガ メサイア』17万5千冊を配布します●

協力団体ミッション・インディアとは

1971年に創られ、現地の言語で文化的な配慮をしながら福音をもたらしている団体です。
インド人の74%がヒンズー教徒、14%がイスラム教徒ですが福音伝道に力を注ぎ、明確なプロジェクトの推進により確かな実績を残しています。

新生宣教団ではマンガ聖書の制作開始当初からインドの各言語での制作を祈ってきました。印刷まであと少しです。子どもやダリットといった社会的弱者、助けや希望を必要としている人々にキリストの福音を届けるために、ぜひご協力をお願いします。

 

関連記事

記事カテゴリ…Articles Category

ピックアップ記事…Pick up Articles

  1. 2018-9-20

    虐待されていた少女が喜びを見つけました!

スポンサー

ページ上部へ戻る