ミッションインディアからの祈りの要請

新生宣教団では2018年から、マンガ聖書をインドに送り届けるプロジェクトを行っています。
このプロジェクトはインドで「子ども聖書クラブ」、「成人向け識字教室」、「教会開拓トレーニング」などを行う宣教パートナー「ミッションインディア」と協力して、インドにヒンディ語の『マンガ メサイア』55万5000冊を送るプロジェクトです。
皆さまのお祈りとご支援によって2019年には第一期として11万冊を発送し、また今年2月には第二期の11万冊を発送しました。
今後も第三期~五期にわたって資金を募り、印刷して送り届けることをビジョンとして掲げています。

ミッションインディアからのレポート

しかし4月現在、インドは感染拡大を防ぐためにインド全土でロックダウンが行われており、経済活動がストップしています。
今回このプロジェクトを協力して行っている「ミッションインディア」から、COVID-19によるこのプロジェクトへの深刻な影響の状況についてのレポートを受け取りましたのでお分かちします(このメールは4月初旬に受け取ったものです)。

おはようございます。
インドのCOVID-19の脅威への対応についての現状をご報告します。
私たちの「キッズクラブ、識字教室、礼拝」などのすべての奉仕プログラムは、「集会」が関係しているため中止となっています。
トラック輸送と配布は必須の物品のみを運ぶことが許可されているため、現地パートナーへの聖書、マンガ、およびトレーニング資料の出荷も停止しました。スタッフは全員在宅勤務となっています。

COVID-19に対するインドの対応は、特に日雇い労働者にとって、途方もない混乱と困難をもたらしました。
職を失った労働者たちが出身の村に大移動しているというニュースは、みなさんもご覧になっているかもしれません。
政府はいくつかの食事提供センターと救援キャンプを設置しましたが、村の混雑具合は都市部よりもさらに悪化しています。
1918年のスペインのインフルエンザでは、インドが最も大きな打撃を受けました。このCOVID-19の流行は悲惨なものになる可能性が高いです。

しかし、そんな中でもミニストリーは続いています。
教会は、さまざまな技術を駆使して、会員との出会いと励ましを続けています。
FacebookのLIVE、ポッドキャスト、whatsapp、ZOOMなどを用いて祈り会と礼拝を行っています。
信徒たちはヒンズー教徒の隣人をこれらの祈り会に招き、ヒンズー教の友人に祈りと励ましを提供するよう呼びかけています。
組織的には、トレーニング資料をeラーニング形式に移行しているため、教会のリーダー、成人識字教室の教師、子ども聖書クラブのリーダーのトレーニングは引き続き継続しています。

 

インドのため、そしてこのプロジェクトのためにお祈りください

インドはCOVID-19によって深刻な混乱と被害の中にあり、聖書配布プロジェクトなどもマヒしている状況です。インドの人々とこのプロジェクトのためにお祈りください。

ともに祈りましょう

  • 一日も早くCOVID-19(コビット・ナインティーン)が収束し、平和を取り戻すことができるように。これ以上広がることがないように。
  • 政治的判断をゆだねられている人々に正しい判断力が与えられるように。
  • 医療に従事する人々が精神的にも体力的にも守られるように。必要な支援や物資を得ることができるように。
  • 苦難の中にある人々、特に仕事を失って困窮している人々の日々の暮らしのため。
  • 主にある兄弟姉妹に、平安と、必要な知恵が与えられるように。主にあって励まし合い、この機会をも宣教のチャンスとして用いていけるように。
  • ミッションインディアの「子ども聖書クラブ」「教会開拓ミニストリー」「成人識字教室」などのプロジェクトのため。一日も早く事態が収束し、再びこれらの活動を再開することができるように。
  • ミッションインディアのスタッフが守られ、この時にもなすべきことが導かれ、用いられるように。

ヒンディ語『マンガ メサイア』プロジェクトについてはこちらの記事もお読みください。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

記事カテゴリ…Articles Category

ピックアップ記事…Pick up Articles

  1. 2020-6-4

    無料中国語聖書の国内配布にご協力ください

ページ上部へ戻る