オリンピックに向けてのプロジェクト②(with SWG)

先日オリンピック向けのプロジェクト①として「TOKYO FUN!」と「TOKYO」をご紹介しましたが、今回は新たに「LIGHT」「Spark」という二種類のトラクトをご紹介します!

「TOKYO FUN!」と「TOKYO」の記事はこちら
オリンピックに向けてのプロジェクト①(with GPM)
2020年1月16日

この二種類のトラクトを発行するミッションパートナーは、カナダの宣教団体「ShareWord Global シェアワード・グローバル(以下SWG)」です。

シェアワード・グローバルについて

SWGはカナダのギデオン協会から生まれたミニストリーです。
カナダ国内の刑務所、病院、ホテルなどありとあらゆる場所、またアフリカ、アジア、カリブ海、ヨーロッパ、北アメリカおよび中央アメリカ、南米諸国と、実に19カ国以上の国や民族にむけて宣教プロジェクトを行っています。

配布しているのはマガジンスタイルのフルカラーのトラクトです。
「HOPE」「Spark」「LIGHT」といったシリーズを発行しています。
これらのマガジントラクトと、無料でダウンロードできるアプリを組み合わせてリリースしており、「配って終わり」ではなくフォローアップにも力を入れたアプローチを行っています。
ダウンロードアプリ「newlife.bible」では求道者向けのリビングバイブルを各国語で公開していていつでもどこでも読むことが出来ます。
また聖書の福音を分かりやすくまとめたコンテンツが整えられており、より深く福音について学ぶことができるようになっています。
ビジュアル的にもツール的にも、現代人の心に響くミニストリーをビジョンとして掲げています。

デザイナーにオススメポイントを聞いてみました

日本語版Sparkを制作するデザイナー

SWGのポリシーの一つが、「配布する現地の人に制作を依頼する」という点。その地域の人々の文化的背景や感性を重視し、現地の人の心に響くものを作ることを徹底しています。
今回オリンピック開催に際して発行されることになった日本語版「Spark」と「LIGHT」は2冊とも新生宣教団のデザイン室でデザインされました!
担当したデザイナーにそれぞれの冊子の特徴とおすすめポイントを聞いてみました。

 

Spark

どんなトラクト?

Sparkは「人生について考え始める年頃」の子どもたちをターゲットとしているA5サイズ、本文80頁のトラクトです。
今回の日本語版では小学校4年生ぐらいから中学校1年生ぐらいの子どもたちをターゲットとして設定しました。
前半には12のステップで福音について書かれたトラクトが、後半部分にはヨハネによる福音書が収録されています。
前半部分には「ぬりえ」や「めいろ」、クロスワードゲームなど、楽しみながら読み進めるための工夫が凝らされています。
フルカラーでインパクトもあり、魅力的なマガジントラクトになっています。

工夫した点

今回日本語版を作るにあたり、実際に教会のティーンエイジャーたちにに聞き取りを行い市場をリサーチする中で、すでに海外で使われているバージョンをより日本向けに考え直す必要があるということがわかりました。
海外向けの「Spark」は写真メインのオシャレなデザインでしたが、日本人の小学生にとっては大人的すぎて反応が鈍かったためです。
そこで漫画家さんに依頼して、各ページにマンガイラスト風のキャラクターを入れました。
その結果、全体的にグッと親しみやすい印象になり、子どもたちはもちろん、クライアントのSWGにも高評価をいただきました。

 

LIGHT

どんなトラクト?

大人向けに、渋谷などの都会でも配ることを想定して作られたA5サイズ、本文80頁のトラクトです。
前半部分は聖書のことばと写真で印象的に構成されており、後半はヨハネ福音書が収録されています
SWGは外国のトラクトの日本語翻訳ではなく、配る国の文化に合っていて、なおかつ「おしゃれで宗教臭くない」デザインにこだわっており、手にとった人が「なんだろう?」と興味を持ってもらえるような魅力的なトラクトです。

 

工夫した点

各国とも表紙はタイトルの「LIGHT」をイメージして作っていますが、他国版ではキャンドルなどが用いられていたのに対し、日本版では東京のヒカリをイメージ。都会的で現代的な「マガジン」というコンセプトを大事にして、見る人の好奇心に訴えるデザインにしました。表紙に乗せるタイトルがキリスト用語になってしなうのは避けられないので、程よく読みにくくなるようにして、逆に大切なポイントは目に入るように意識しました。
本文ページでは「暗闇から光へ」というストーリーを感じられるような展開を意識して構成しました。
また読む人の立場に立って、どれか一つでも自分と重ね合わせてもらえるような写真選びを心がけました。
もともとキリスト教国向けに作られていた既刊のデザインでは、全体的にハイテンションな雰囲気でワーシップの写真などが多かったのですが、日本はキリスト教国でありませんし、もともと国民性として落ち着いたものが好まれますので、全体的に落ち着いた雰囲気の写真に変更し、クライマックスでは喜びをMAXに感じられるものにしました。

配布予定について

これらのトラクトは、日本バプテスト宣教団(JBM)によって、関連教会を通して配布される予定です。
どうぞこのプロジェクトが祝福され、これらのトラクトを通して多くの日本人が福音に導かれるように、また新生宣教団での印刷・製本作業が守られてよいクオリティのものが完成するように覚えてお祈りください!
SWGのリリースしているNewLifeアプリ(日本語版)はこちら↓からダウンロード可能です!

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

記事カテゴリ…Articles Category

ピックアップ記事…Pick up Articles

  1. 2020-2-10

    ヒンディ語マンガ・メサイアプロジェクト、第二期分を発送しました!

ページ上部へ戻る