(日本語) Make Him Known―キリストの愛をインド全土へ!

DONATE

We want them to know the gospel of the Bible

聖書の福音を届けたい

愛されると強くなる

インドで最も多いのはヒンズー教徒で、人口の約8割を占めています。ヒンズー教のカーストによる差別は違法とされながらも市民生活を支配し続けています。 貧困人口は3億人を超え、家計を助けるために学校に行かずに働く子どもも少なくありません。インドのクリスチャンの割合は2.3パーセントと決して高くはありませんが、数にすると2800万人にもなります。 そして今も開拓者たちが福音をインド全土に宣べ伝えています。 とくに4才から14才のあいだの子どもたちは柔軟に福音を受け入れることができます。 そして福音は一人の子をきっかけに家族や友人にも伝わっていきます。 人々がイエス様を知ると、彼らはイエス様の無条件の愛に驚きながらも自分の価値を実感できるようになるのです!

限界の輪に閉じ込められた子どもたち

学校に行く子、働く子

私はインドのホテルにいた11才か12才の少女のことが忘れられません。その子のことは同じ日にホテルのプールでも見かけました。ある家族が水しぶきを上げて遊んでいるのを黙って見ていました。遊んでいる子どもたちとそう変わらない年の彼女がプールに入らないのには訳がありました。彼女はその家の下働きだからです。その子の親はおそらく彼女を学校に行かせる余裕がなく、雇用主の家族も彼女にその価値があるとは考えなかったのでしょう。

当然の報い

数ルピーを稼ぐために綱渡りをする少女

彼女はいつも分け隔てられています。貧しさのせいで、性別のせいで、カーストのせいで、彼女は無言のうちに何度も何度も言われているのです。「おまえには価値がない」と。
インドでは何億もの人が彼女のように「より低く」され、排除されています。それは前世のせいで悪い環境に生まれたから。彼らのカーストは汚らわしいから。彼らは招かれざる者で、そう扱われて当然、たとえそのことで死んだとしても仕方がないと言われるのです。

御国をめざす

しかしこれは福音のメッセージではありません。神様が私たちに望んでいることでもありません。私たちの願いはキリストにつながり、神を愛し、お互いを愛し、隣人を愛する人々(教会)によって、インドが変容することです。そしてあのホテルにいたような子どもに良い知らせを告げることなのです。

協力団体Mission India(ミッション・インディア)のスタッフからのメッセージを翻訳編集

寄付する

マンガ聖書はこのようなところで用いられます

※ これは宣教団体「ミッション・インディア」との共同プロジェクトです

皆様のご支援が、インド全土を福音で満たします

寄付する

テスト
テスト
テスト
テスト
テスト
テスト
テスト
テスト
テスト
テスト
テスト

Related post

記事カテゴリ…Articles Category

ピックアップ記事…Pick up Articles

  1. 2019-8-8

    (日本語) 日本国内での中国語聖書配布 第2期スタート!

(日本語)

(日本語) スポンサー

(日本語)
Return Top